2018年07月16日

西加奈子のサラバを図書館で借りてきたのです!!

61Xug2uL1uL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg





西加奈子のサラバを図書館で借りてきたのです!!
久しぶりの本を読もうと思い、図書館に!!
本屋より図書館の方が近いんですよね〜




そしてこんなに暑い日は図書館で涼むと!!笑




西加奈子のサラバ借りちゃいました!!
読みたかったんですよね〜ずっと!!
今更ながら読みますよ!!




累計百万部突破!第152回直木賞受賞作




僕はこの世界に左足から登場した――。
圷歩は、父の海外赴任先であるイランの病院で生を受けた。その後、父母、そして問題児の姉とともに、イラン革命のために帰国を余儀なくされた歩は、大阪での新生活を始める。




幼稚園、小学校で周囲にすぐに溶け込めた歩と違って姉は「ご神木」と呼ばれ、孤立を深めていった。
そんな折り、父の新たな赴任先がエジプトに決まる。メイド付きの豪華なマンション住まい。初めてのピラミッド。日本人学校に通うことになった歩は、ある日、ヤコブというエジプト人の少年と出会うことになる。




Amazon サラバ! 上 (小学館文庫)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サラバ! 上 (小学館文庫) [ 西 加奈子 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2018/7/16時点)



posted by ゆずただし at 20:09 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

本屋大賞2017ノミネート作品 西加奈子「i」

本屋大賞2017ノミネート作品 西加奈子「i」
西加奈子の小説、舞台もサラバもまだ読んでないんですけどね!!



これらを読んでから読みたいですね!!



残酷な現実に対抗する力を、
この優しくて強靭な物語が与えてくれました。
――又吉直樹



読み終わった後も、ずっと感動に浸っていました。
なんてすごいんだろう。
この小説は、この世界に絶対に存在しなければならない。
――中村文則



『サラバ! 』(直木賞受賞)から2年、
西加奈子が全身全霊で
現代(いま)に挑む衝撃作!



「この世界にアイは存在しません。」
入学式の翌日、数学教師は言った。
ひとりだけ、え、と声を出した。
ワイルド曽田アイ。
その言葉は、アイに衝撃を与え、
彼女の胸に居座り続けることになる。
ある「奇跡」が起こるまでは――。



「想うこと」で生まれる
圧倒的な強さと優しさ――
直木賞作家・西加奈子の
渾身の「叫び」に
心揺さぶられる傑作長編!



Amazon 西加奈子 i(アイ)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

i [ 西加奈子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/2/3時点)


タグ:西加奈子 i
posted by ゆずただし at 19:52 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

西加奈子 まく子

西加奈子 まく子
てか西加奈子のサラバ! 
まだ読んでないのに〜新しい本が出てる!!



読みたい本が多すぎる!!
時間もなければそんなにお金もないですよ〜っと!笑



★西加奈子、直木賞受賞後初の書き下ろし長編! ★



小さな温泉街に住む小学五年生の「ぼく」は、子どもと大人の狭間にいた。
ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちが恐ろしかった。
そして、否応なしに変わっていく自分の身体に抗おうとしていた。
そんなとき、コズエがやってきたのだ。



コズエはとても変だけれど、とてもきれいで、何かになろうとしていなくて、そのままできちんと足りている、そんな感じがした。



そして、コズエは「まく」ことが大好きだった。
小石、木の実、ホースから流れ出る水、なんだってまきちらした。
そして彼女には、秘密があった。



彼女の口からその秘密が語られるとき、私たちは思いもかけない大きな優しさに包まれる。
信じること、与えること、受け入れること、変わっていくこと、そして死ぬこと……。
この世界が、そしてそこで生きる人たちが、きっとずっと愛おしくなる。



西加奈子、直木賞受賞後初の書き下ろし。究極ボーイ・ミーツ・ガールにして、誰しもに訪れる「奇跡」の物語。



Amazon まく子 (福音館の単行本)
まく子

まく子
著者:西加奈子
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

posted by ゆずただし at 12:54 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン
面白そうな映画だ!!



行定監督が西加奈子の小説を映画化した少女の物語。
大阪の団地に8人家族で暮らす小学三年生・こっこ(芦田愛菜)は、勝ち気で好奇心旺盛な女の子。



夏休みを迎えた彼女は、祖父から教わった”イマジン”の言葉を胸に周囲を見つめる。
映画初主演の芦田愛菜が少女の複雑な心境を熱演ですって!!



西加奈子は大阪を書かせたら最高ですからね!!



Amazon 円卓 (文春文庫)
楽天ブックス 円卓(文春文庫)



posted by ゆずただし at 12:51 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

西加奈子・炎上する君

さくら・通天閣・こうふくのみどりの・こうふくのあかの・きりこについてで有名な作家・西加奈子さん!!



さくら大好きですね! 3回ぐらい読んだんじゃないでしょうか!
そんな西加奈子の新刊・炎上する君。



短編集なんですが、ピース又吉が帯にコメントしていることで注目です!
西加奈子とピース又吉という組み合わせが良いんですよね!!




炎上する君



楽天市場 西加奈子 炎上する君

オンライン書店ビーケーワン 西加奈子 炎上する君
posted by ゆずただし at 00:22 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 西加奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事