2015年06月25日

岡田将生主演 伊坂幸太郎原作 オー!ファーザー

岡田将生主演 伊坂幸太郎原作 オー!ファーザー
伊坂幸太郎はデカイ話しよりこういう話しに良さが出ますね!!



サスペンスコメディですよね〜
父親が4人いるって突飛な発想が嫌いじゃないです^^



岡田将生とあの名前の読み方にとっかかりがない女優さん
忽那汐里だ!!
何て読むか謎の女優さんの女子高生姿たまりませんね。笑



スリルとユーモア、感動のタペストリーは伊坂作品の醍醐味。
張り巡らされた伏線はスリルを醸し出し、一筋縄ではいかないキャラクターがユーモアを生み、最後には、家族の絆が感動を呼び起こす!



そんな完璧な物語にふさわしく、精力的に活動する実力派の俳優たちが集められた。
由紀夫役に『悪人』『宇宙兄弟』等でメキメキと頭角を現した人気俳優、岡田将生。
愛情とウザったさがブレンドした家族への思いや、抑えきれない好奇心といった思春期特有の感情がナイーブな存在感にマッチして、スクリーンに存分に映える。



ヒロイン・由紀夫の秘密を知るクラスメイトには忽那汐里。本作でも、CM・ドラマ・映画などで幅広く活躍する演技派女優のはつらつとした好演が光る。



佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、村上淳という、父親役4人の濃い存在感からも目が離せない。
個性はバラバラで、どこかヌケたところはあるが、特定の分野ではとてつもなく頼りになる4人の父親像はあまりにも魅力的で、“こんな家族も悪くない"と思わせるに十分だ。
一見温厚だが凄むとコワい町のフィクサーを演じた柄本明の妙演も、さすがともいえる存在感を放つ。



Amazon オー!ファーザー [DVD]
オー!ファーザー
posted by ゆずただし at 00:06 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

伊坂幸太郎の夜の国クーパー

伊坂幸太郎の夜の国クーパー
面白いと言うほどでもなかったんですが、言いたい事、伝えたい事は分かるって内容でしたね!!
伊坂幸太郎のこの辺の作品、面白いとは思えないんですよね〜!!



これは猫と戦争、そしてなにより世界の秘密のおはなし。伊坂幸太郎が描く、壮大な傑作!
って触れこみですけど、世界の秘密ってのはちょっと言い過ぎかな??



ようは何でもかんでも信じるなって話し
鉄国・おとぎ話のようなクーパーの話し
そして物語の主人公ともなる猫と鼠の対比を照らし合わせて、
擦り合わせてって感じですよね!!



最後のオチはもしやと思ったら通りで、
そこまでしなくてもこの物語はちゃんと着地できたと思うんですけどね!!



Amazon 夜の国のクーパー (創元推理文庫)
夜の国のクーパー
posted by ゆずただし at 12:41 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

伊坂幸太郎のアイネクライネナハトムジーク

伊坂幸太郎のアイネクライネナハトムジーク
まだ夜の国のクーパー読んでる途中です!!



知らぬ間に出てたんですね伊坂幸太郎の新刊が!!



ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。
奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、
他力本願で恋をしようとする青年、
元いじめっこへの復讐を企てるOL……。



情けないけど、愛おしい。
そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! !
伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説!
これは短編みたいですね!!



Amazon 伊坂幸太郎 アイネクライネナハトムジーク
楽天ブックス 伊坂幸太郎 アイネクライネナハトムジーク
posted by ゆずただし at 21:36 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

伊坂幸太郎の砂漠、面白かった!!

伊坂幸太郎の砂漠、面白かった!!
ちょっと前に読んだんですよ!!
伊坂幸太郎の砂漠を!!



冒頭の伊坂節がちょっとヤバイかなと思ったんですけど、
10ページ読んだらのめり込んだ^^



伊坂幸太郎の文章は読みやすいね!!
男3人と女2人ていう組み合わせがまた良いんですよね!!
後に一人女性が追加されるんですけど、はなからしてしまう所をグッと堪えてみたいな思いが見えましたよ!!



物語は、
入学した大学で出会った5人の男女。
ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決……。



共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め、それぞれを成長させてゆく。
自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、それでも何かを求めて手探りで先へ進もうとする青春時代。
二度とない季節の光と闇をパンクロックのビートにのせて描く、爽快感溢れる長編小説。



西嶋っていうキャラクターが独特で周りにいたら引くんですが、
この物語では、受け入れられてるのも好きなんですよね〜!!
高校ではなく、大学という少し大人になった時期に出会った、異常だけどそれだけじゃないのかも!?
と思わせるキャラクターこれが良い味でてるんですよね〜!!



死神の浮力もこれまた楽しみですよね^^
死神の精度、また読み直したい気分ですよ!!



アマゾン 伊坂幸太郎 砂漠 (新潮文庫)
アマゾン 死神の浮力




楽天ブックス 伊坂幸太郎 砂漠

楽天ブックス 伊坂幸太郎 死神の浮力
posted by ゆずただし at 19:37 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

伊坂幸太郎・夜の国のクーパー

伊坂幸太郎の新刊「夜の国のクーパー」出てますね!!
昨日、本屋にいって発見!!
フィッシュストーリー見終わったあとだったので「PK」でも買おうかなと思っていたのに新刊出てるから断念しました!!



夜の国のクーパーは猫が主役みたいですね!!
良いとこつくね〜伊坂幸太郎は^^



この国は戦争に負けたのだそうだ。
これは猫と戦争と、そして何より、世界に秘密のおはなし‥‥‥



魔王は前半は良かったんですよね〜後半僕の好きな世界観じゃなかったんですよね〜!!





アマゾン 夜の国のクーパー
楽天ブックス 伊坂幸太郎 夜の国のクーパー
posted by ゆずただし at 20:04 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事