2017年08月07日

長瀬智也と吉岡里帆のごめん愛してる 前半戦総括なんかしてみましょう!!

IMG_20170710_175247.jpg




長瀬智也と吉岡里帆のごめん愛してる 前半戦総括なんかしてみましょう!!
昨日、ごめん愛してるお休みでその前の週の告知でいよいよ後半戦突入みたいな事書いてましたからね!!
あくまで吉岡里帆目線での総括をやってみましょう!!



吉岡里帆、写真集も出しますしね^^
水着あれば完璧だったのにね!!
吉岡里帆と佐藤健の熱愛発覚ってホントですかね??
良いな〜佐藤健!!笑



ごめん愛してるの物語は、
主人公の岡崎律(長瀬智也)は、幼いころ、母親に捨てられ、韓国の裏社会で生きてきた。だが、頭に負ったけがのため、余命わずかなことを知る。最後の望みとして帰国した日本で捜し当てた実の母は、かつて人気ピアニストとして活躍した日向麗子(大竹しのぶ)だった。



 だが、ピアニストとして自分の夢を継ぐ息子・サトル(坂口健太郎)を溺愛する麗子は、息子だと気付かぬまま、粗野な律に冷たい態度を見せる。その事実に打ちのめされ、麗子に対して愛憎入り混じった思いを抱く律は、韓国で知り合った三田凜華(吉岡里帆)と再会。サトルの幼なじみでスタイリストを務める凜華と律は、次第に距離を縮めていくが…。



良くも悪くも韓国ドラマの展開ですね!!



 大女優らしい貫禄十分の演技で、物語の発端となる麗子を熱演しているのが、大竹しのぶ。ある出来事がきっかけで、ピアニストの道を諦めざるを得なかった過去を持つ麗子の心情を、時にりりしく、時に繊細に表現して見せる。



大竹しのぶやっぱりバケモノですよね!!
あの演技は凄の一言!!



 一方、律と心を近づけていく凜華を演じるのは、進境著しい若手女優の吉岡里帆。NHKの朝ドラ「あさが来た」(15〜16)の勉強熱心な女学生役で注目を集め、「カルテット」(17)では男を翻弄する小悪魔的な女性を演じるなど、幅広い演技で存在感を発揮。本作では、律とサトルという対照的な2人の男性の間で揺れ動く正統派のヒロイン役に挑戦。役名の通り、りんとして清潔感あふれる凜華をみずみずしく演じて、新たな一面を披露している。



良いな〜吉岡里帆は!!
ごめん愛してる、後半戦も楽しみだ!!



Amazon 吉岡里帆フォトブック(仮)






テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート〜
posted by ゆずただし at 13:02 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 吉岡里帆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事