2017年07月31日

ごめん愛してる 吉岡里帆の見事なヒロインっぷり!!

collage-1501470563289.jpg



ごめん愛してる 吉岡里帆の見事なヒロインっぷり!!
それが成立しているのは長瀬智也と坂口健太郎の対照的な演技にあるんですかね!!





男くさい長瀬智也と、爽やかな坂ごめん愛してる 吉岡里帆の見事なヒロインっぷり!!口健太郎の二人の対照的な演技がね!!
この間で揺れ動くんでしょこれからヒロインの吉岡里帆が!!




そして長瀬智也の命の期限と母親の問題が複雑に絡み合う悲劇の物語なんですかね??
自分の想いがどうしても届かない。好きだからこそ、憎くも感じる。報われない愛に執着した三角関係。




競争社会のてっぺんで安穏と暮らす誰からも愛されるサトルの屈託ない爽やかな笑顔。肝心な塔子には「自分のものにしたいほど好きじゃない」と、さほど興味は持たれていないものの、嫌われる要素はひとつもない。付き合って損なことはひとつもない男として描かれている。




一方、「得体が知れない」「育ちが悪い」と価値のない存在のように扱われる律だが、人の心の機微に敏感で誰よりも愛情というものを求めているのが分かる。




 長瀬智也の演技から伝わる「ハングリー精神」にどこか懐かしさを感じる人も多いのではないだろうか。世の中を嘆いたり、不平を言うのは誰にでもできること。でも、困難に立ち向かっていく気概をもつのは難しい。ありきたりの正義感とは違う、自分なりのやり方で筋を通す男に、強さと色気を感じるのだ。



Amazon 吉岡里帆フォトブック(仮)





price.png
パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート
posted by ゆずただし at 12:57 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 吉岡里帆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気記事