2017年03月15日

カルテット ドーナツホール4人の絆とそれぞれの愛の形

IMG_20170315_131007.jpg



カルテット ドーナツホール4人の絆とそれぞれの愛の形
感動しましたね!!



これまで“早乙女真紀”と呼ばれていた人物(松たか子)が、実は“ヤマモトアキコ”という人物で、過去に他人の戸籍を買って別人として人生を生きていたことが明らかになった。そのことに関連して、義父だった人の死、実母の死去した原因など、“ヤマモトアキコ”の過去が次々と明かされていった。



一番話題に上ったのは、4人の“絆”と、それぞれの愛の形だ。元々、カラオケボックスで“偶然”会ったはずの4人だったが、時間を共有すること、音楽を共に奏でること、それぞれの過去や思いを知るうちに、家族のような絆が生まれて行っていた。



今回は、その絆が最も確認された1時間だった。



最後の4人で過ごす夜本当に感動したな!!
ドーナツホール4人の絆が深すぎて愛を感じますね!!



家族ではないものの、その4人の姿に「ほんとに4人で幸せになってほしいよ…」「愛について考えていた。男女間だけのものじゃなくて」「深い深い愛の話。男女の愛でも婚姻や血で繋がった家族愛でもない、ただの友情でもない。もっと根源的な愛の話」「こんな愛し方したい、を表現してるドラマ」「好きな人からそういう溢れてくる愛を感じたいよね」



Amazon 別冊カルテット ドラマ「カルテット」公式メモリアルBOOK 【特別付録】カルテット オリジナルカレンダー (角川SSCムック)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルテット Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 松たか子 ]
価格:19440円(税込、送料無料) (2017/3/15時点)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気記事