2017年03月09日

2017本屋大賞ノミネート作品 村田沙耶香「コンビニ人間」

2017本屋大賞ノミネート作品 村田沙耶香「コンビニ人間」
久しぶりの本屋大賞ノミネート作品の紹介ブログになってしまった!!



これで5冊目
発表までにあと5冊紹介できるか⁉
ハイペースでブログを書かないとね!!笑



第155回芥川賞受賞作!



36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。



オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。



仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。



ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。



現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。



Amazon コンビニ人間
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンビニ人間 [ 村田沙耶香 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/3/9時点)


posted by ゆずただし at 19:45 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | お薦め小説・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447755046

この記事へのトラックバック
人気記事