2017年02月26日

3月のライオン18話と19話

3月のライオン18話と19話
獅子王戦真っ只中の島田八段!!
けっこう濃密に描かれてますね!!



獅子王戦第三局を控えた島田。自宅で行う研究会で議題にあげた局面に対し、異なる戦法を持つため議論が衝突する二海堂と重田だが、一方零は、その局面を見て「気持ち悪い」と表現する。
翌日、島田から今度は一人で来てくれるように言われた零。A級棋士との対局に圧倒されるが、自分にできることを必死で差し出そうとする。



山形の雪深い村で育った島田は、地元のお年寄りたちに将棋を教わり、中学生になると月2回の奨励会へ通うためアルバイトに励み、勝ち進めない時期も胃の痛みと戦いながら将棋を続けてきた。



同い年の宗谷が奨励会を駆け抜け、順位戦を駆け昇っていくのを見ながら、縮まらない差を見つめながら、それでも努力することをやめるわけにはいかなかった。
零はそんな島田と共に、獅子王戦第四局の場・京都へと向かう。



これを見ると島田八段のファンになりますね!!
実写では佐々木蔵之介ですもんね!!
後18話の林田先生!!
最高!!



実写化では大人気の高橋一生ですもんね!!
良い役ですよね〜!!



Amazon 映画 3月のライオン ビジュアルブック

posted by ゆずただし at 19:52 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447380289

この記事へのトラックバック
人気記事